水頭症とは

水頭症とは、頭蓋内に過剰に髄液がたまり、脳が圧迫を受けて様々な症状が出る病気です。この水頭症は適切な診断と治療で改善できる病気です。

水頭症とは?脳室と髄液循環

脳の周りには、脳脊髄液(髄液)が存在し、脳を外部の衝撃から守るなど様々な役割があると考えられています。この髄液は、脳の中にある脳室と呼ばれる風船のような部屋の毛細血管(脈絡叢)から産生され、脳の表面(くも膜下腔)を循環して、主に頭のてっぺんにある静脈に吸収されます。この髄液は体の中で一番きれいな液体(99%は水・無菌)で1日に約450mLが産生されます。普通の髄液の総量は大人で約150mL、小児で100mLといわれていますので、この髄液は産生から吸収まで一日に約3回程循環して入れ替わっていることになります。

脳室拡大の状況
脳室の拡大のイメージ

正常な髄液の循環

ところが、この髄液の循環経路において、何かしらの原因で流れが悪くなると、脳室内に髄液が停滞し、脳室が次第に拡大します。拡大した脳室が脳を圧迫することで様々な症状があらわれます。この病態が水頭症です。

このページのトップへ

水頭症の原因

水頭症の原因は、髄液循環の障害がどこで発生しているかで、3つに分類することができます。

  • 1.髄液の産生が多すぎる場合
  • 2.髄液の流れが妨げられている場合
  • 3.髄液の吸収が阻害されている場合

脳の断層撮影イメージ

水頭症はCTMRIといった断層撮影で脳室拡大の程度を診ることで診断できます。同時に髄液循環障害の起こっている場所も把握することができます。これらを知ることは、治療法を選択する上で基本的な情報となります。

このページのトップへ

非交通性水頭症と交通性水頭症

脳室の経路で髄液の流れが悪い場合は、「非交通性水頭症」といい、脳表のくも膜下腔での髄液の停滞や産生、吸収に問題がある場合は、「交通性水頭症」といいます。

非交通性水頭症は、主に小児で発症し、頭蓋内圧が高くなる水頭症です。髄液の通路が先天的に狭窄している(狭くなっている)場合や腫瘍等の病変が髄液の流れを妨げることで起こります。頭囲拡大(乳幼児)、頭痛・嘔吐・意識障害などの症状がでますので、早期に治療を行う必要があります。
交通性水頭症は、成人・高齢者に多い水頭症で、頭蓋内圧は正常範囲であることが多く、足が上がらない、小刻みで不安定といった歩行障害やボーッとして反応が遅くなったり記憶力が低下する認知症、尿失禁がその典型的な症状となります。くも膜下出血や腫瘍、外傷などの後に続いて発症する続発性正常圧水頭症と原因が特定できない特発性正常圧水頭症があります。

特に、特発性正常圧水頭症は、先行疾患が明らかでなく他の疾患と鑑別が必要であるため、見過ごされている可能性があります。高齢者認知症の患者様の5%〜10%が特発性正常圧水頭症であるとも言われています。

水頭症の種類とその症状

小児の水頭症へ正常圧水頭症へ特発性正常圧水頭症(iNPH)へ

水頭症の症状は、髄液の流れを良くする治療を行うことによって改善します。
ジョンソン・エンド・ジョンソンは水頭症治療用具の提供を通じて、水頭症治療に貢献しています。

このページのトップへ

[2008.09.22 更新]